問題を提起し、後の先を求める

自分として、100の希望を持っているとする。
でも、それを最初から希望してしまうと、周りからあれやこれや突っ込まれ、わがままだと言われる。
だから、問題の提起は100に相当する分するけれど、80の希望を伝える。

そうしたら、相手が「それなら100をあげるよ」って言ってきた。
ラッキー。
少し時間はかかったけれど、一切のつっこみを受けずに、100の希望が叶えられた。
[PR]
by norifull | 2011-06-28 22:07 | 仕事


<< 積み重ね 頭を使う >>